『原理講論』は、金百文牧師の著書『基督教根本原理』の盗作?

:『原理講論』は、金百文牧師の著書『基督教根本原理』からの盗作か?

原理講論

原理講論

:『原理講論』は、金百文牧師の著書『基督教根本原理』からの盗作であると中傷する反対牧師もいます。
この中傷は、1975年5月19日、ソウル・セムアン教会で行われた「統一教批判講演会」で、朴英官氏が「『原理講論』は『基督教根本原理』の盗作。それは年代的、構造面、核心思想から見てそうだ」と語ったのが発端です。これは朴英官氏のデマです。

反対牧師は、『原理講論』と『基督教根本原理』の目次を示し、似ていると批判します。しかし、『基督教根本原理』より前に『原理解説』が出ている事実を見落としています。統一教会出版物と、金百文氏の出版物は、下表の年次で出ています【下表を参照】。

金氏が盗作したと言うなら、まだ話の筋は通りますが、「『原理講論』は『基督教根本原理』の盗作」は事実無根です。なお、この盗作の中傷に対し、『受難の現場』(光言社)の319〜325ページに柳光烈氏の反論が掲載されています。

『原理講論』は、金百文牧師の著書『基督教根本原理』からの盗作か?
(太田朝久『踏みにじられた信教の自由』より)

『受難の現場: 統一教会受難とその真相』 柳光烈先生による「教理剽窃是非に対する釈明」